越宗整形外科病院
交通アクセスお問い合わせ

手の外科

平成26年4月より、日本手外科学会研修施設の認定を受けました。手外科専門を愚直に継続してきた成果と考えています。最新の技術を取得しつつ、培ったノウハウを活かした治療をし、地域医療に貢献していきたいと思います。


一般社団法人日本手外科学会
研修施設認定証

手のリハビリテーション:ハンドセラピィ

当院はこれまでに手外科分野の治療を継続して参りました。個人差こそありますが、手の怪我や病気による機能の損失は計り知れないものとなります。手は構造も複雑であり、機能の回復には高度の手術に加え、手術後の専門的なリハビリテーション(ハンドセラピィ)も重要な役割を担うことになります。ハンドセラピィを行うにあたっては担当医師および手術した医師と連携し、患者さまの生活背景も含み合わせて、適切な時期に適確なプログラムを実施いたします。私たちの目標は患者さまの生活にとって最も有効となる手の機能の獲得であり、そのための最大限の援助を行うことを使命としております。一般的に整形外科の治療ではギプスによる固定を用いますが、ハンドセラピィではこれに代わるスプリントと呼ばれる固定装具をセラピストが作成し、必要な部分のみをコンパクトかつ正確に固定し、患者さまの負担を軽減するようにしています。これからも患者さまに、より質の高いリハビリテーションを提供できるよう努力して参ります。

マイクロサージャリー

マイクロサージャリーは、顕微鏡をもちいて微細な血管や神経を縫合を可能にする手術分野です。この手技によって手の外科分野もより高度な手術も可能になります。( 手指の再接着など) 当院では、手の外科分野だけでなく、動脈皮弁など形成外科分野にも属する手術も積極的に行っています。

脊椎整形外科

脊椎外科では、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの手術を、顕微鏡をもちいて内視鏡と同等の最小侵襲で行っています。今後高齢化社会が顕著となる中で、 脊柱管狭窄症は増加する疾患であり、侵襲の少ない手術は不可欠です。

外傷・リハビリテーション

整形外科治療でリハビリテーションは非常に重要な役割を果たしています。
外傷・骨折・変形性疾患など整形外科疾患は身体の様々な部位で起こります。
当院では整形外科疾患を中心に、多種多様なニーズに応え、地域や患者様に信頼され選ばれるリハビリテーション医療を提供できるよう日々努めています。また、理学療法士養成校の実習施設として将来の理学療法士を目指す学生さんを臨床現場で指導を行っています。
(Wiiを使ってバランス訓練や荷重訓練)

スポーツ整形外科

整形外科全般のリハビリテーションのほかに、プロスポーツ選手の復帰や学生のクラブ活動への復帰に向けた専門的なリハビリテーションも行っています。
リハビリテーション室にはウエイトトレーニング機器なども用意しており、スポーツ復帰に向けて競技特性に合わせた多様なリハビリテーションメニューを提供しています。
また、ファンクショナルテーピングを用いたテーピングの実施・指導も。

Copyright © koshimune orthopedic surgery hospital All Right Resaerved.